このサイトについて

アイレーシックについての解説・比較をまとめたサイトです。

レーシックとは?

皆さんの眼の角膜は、全ての人が完全ではありません。角膜とは、眼の表面にある透明な膜のことです。カメラのレンズが、光を集めてフィルムに焼くように、人の眼も、角膜がレンズとなり、フィルムである網膜に信号を送るわけです。人によっては、ボヤけて見えたり、歪んで見えたりすることがあるかと思います。そのことを「屈折障害」といい、一般的には視力の低下といいます。主に、近視・遠視・乱視と3タイプあり、メガネやコンタクト等で矯正が必要になります。ですが、メガネやコンタクトを使用していると、何かと不憫な思いをすることがありますよね。そこで、視力を元通りに治してくれる「レーシック」という活気的な治療法ができたのです。
レーシックとは、視力の低下を回復するために行う手術のことをいいます。レーシックが日本に承認されたのは、2000年1月28日、つい最近のことなのです。当時の厚生省は、エキシマレーザーを利用して行ったレーザー屈折矯正角膜切除術(PRK)に対して承認をしました。ですが、海外では既に、PRKに代わる角膜矯正手術が普及し始めており、その理由としては、PRKよりも回復までの時間や痛みが少ないことからです。このことから、日本も2000年5月12日に新技術の承認をしました。その新技術こそが、今話題を集めている「レーシック」なのです。

免責事項

アイレーシック(iLASLK)de視力回復の情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

費用の比較

この記事も参考にしてください。

もっと読む

ページ上部に戻る